🐈猫背・反り腰とは

からだの「ゆがみ」について


からだの「ゆがみ」について

 

猫背を代表とする「からだのゆがみ」について解説をしていきます

 imasia_7773846_L03_500a_S.png 

自分の姿勢に 気付かない?!

 

 çŒ«èƒŒã§ã™ã‹ï¼Ÿ

 

 

姿勢が悪いからといって、すぐに痛みや不調が出るわけではありません。

 

自分の姿勢に異常があっても、気づいていない方がとても多いです。

imasia_7773846_L03_500a_S.png

姿勢をチェックしてみよう

 

姿勢の悪さ 簡易セルフチェック 

 

上図を見ながら自分の姿勢を「セルフチェック」をしてみましょう。

 

 

① カベに「かかと」「おしり」「あたま」の3点が付くように立ちます

 

 ※ この時点で「あたま」が壁に自然につけられない方は、姿勢不良が起こっている可能性が高いです。

 

② カベと腰の間に隙間ができると思います

 

③ できた隙間に手をはさんでみましょう

 

 

④-a 隙間に手が入らない ・・・ 「猫背」「平背」の可能性が高いです

 

④-b 手のひらが入る ・・・・・ 「正常」の可能性が高いです

 

④-c げんこつが入る ・・・・・ 「反り腰」「猫背+反り腰」の可能性が高いです

imasia_7773846_L03_500a_S.png

「姿勢不良」も いろいろあります

 

からだのゆがみの種類

 

悪い姿勢 = 猫背(ねこぜ)というイメージが強いかもしれません。

 

悪い姿勢にもいろいろあり、負担のかかる部分も違いますし、必要なストレッチも違うのです。

imasia_7773846_L03_500a_S.png

姿勢の特徴 と 負担のかかる場所

 

平背・フラットバック(不良姿勢)

猫背(不良姿勢)

反り腰(不良姿勢)

猫背+反り腰(不良姿勢)

imasia_7773846_L03_500a_S.png

「姿勢不良」をつくる原因

 

猫背の原因は?

 

猫背などの姿勢不良の原因はいろいろあります。

 

下に例を挙げます。 該当する項目はありますか?

 

一気に全部を変えるのととても難しいと思います。 改善できそうなものから、少しづつ変えていってください。

 

 

日常生活や仕事中の負担

デスクワーク等、同じ姿勢が長い

スマホや読書、下を向いている時間が長い

椅子に座るときに、同じ側に足を組む

正座を崩すときに、同じ側に足を逃がす

肩掛けカバンを同じ方の肩にかける

寝るときに同じ方向を向いて寝る

テレビが正面になく、振り向いて見る

食べ物をかむときに、片側だけで噛む

 

からだのバランスの乱れ

運動不足などで、筋肉量が不足

ストレッチ不足で、柔軟性が低下

 

imasia_7773846_L03_500a_S.png

「理想の姿勢」を目指しましょう!

 

 ç†æƒ³ã®å§¿å‹¢

imasia_7773846_L03_500a_S.png

 

みどり堂整骨院での施術

 

猫背の施術法

 

 

みどり堂整骨院では「背骨の調整」だけではなく、「骨盤の調整」「ストレッチ」「エクササイズ」など様々な施術を行います。

 

ゆがみを調整するだけではなく、筋肉を整えて「ゆがみにくいからだ」を目指します。

 

施術例は「写真でわかる猫背調整」で紹介しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

 imasia_7773846_L03_500a_S.png

blank
写真でわかる猫背調整 猫背調整レビュー 猫背調整FAQ(よくある質問)
blank10.png 予約 blank10.png homepage blank10.png アクセス blank10.png